永遠の0

未分類 | by admin
1月 23 2014 年

今上映中の「永遠の0」、凄い人気ですよね。

上映前から気になっていたので、早く観に行きたいんですがなかなか時間が取れず。。。

まぁ、流行りの映画はちょっとしてから行く方が、空いていてちょうどいいんですけどね。

混んでる時は、落ち着いて見れないし、席も中途半端な所しか空いてないですからね。

しかも人が多い分、マナーを守らない人も多くなりますからね。

上映中に喋ったり、携帯が鳴る人、本当に考えられないですよね!!

マナーを守れない人は映画を見るな!!

 

私の憧れの職業

未分類 | by admin
5月 07 2013 年

私の憧れの職業は、弁護士です。現に、私は弁護士になることを夢見ていて、法学部で日々勉強中です。そこで、私が弁護士という職業にあこがれる理由を書いていこうと思います。

まず、弁護士という資格を持っていれば、1人で国や大企業を相手に戦うことが出来るということです。このような大きな訴訟となると実際にたった1人ですべてをするのは難しいですが、それでも他の職業では出来ないことです。社会正義の実現のため、世の中を変えることが可能な弁護士という仕事はとても魅力的です。

次に、仕事の幅が広いということです。弁護士の仕事は、世間一般でイメージされるような法廷に立つものだけではありません。企業法務に携わりM&Aの手助けをしたり、今で言うと自然エネルギーの普及に尽力している弁護士さんもいます。

また、弁護士事務所ではなく、一般企業の法務部に企業内弁護士として、その企業の法務を担っている方も最近は多くなっています。このように、たくさんの選択肢があり、仕事の幅が広いところもとても魅力的です。

最後に、やはり年収の面が挙げられます。最近は弁護士の数が増えすぎて就職難が叫ばれていますが、新しい仕事の形を開拓していけばまだ無数に仕事は転がっていると思っています。

なので、しっかりと仕事の仕方を学んでいけばそれだけ仕事が増え、年収も増えていく可能性も十分にあるのでとてもやりがいのある仕事だと思います。

ちなみに私の姉は看護師に憧れて、見事今年看護師免許を取得しました。現在は働き先を探しているところなんですが、【准看護師の求人】凄いですよね。これからはみんなの為に頑張ってほしいですね。

暮れの植木屋さん

未分類 | by admin
1月 14 2013 年

暮が近づくと、町で植木屋さんが仕事をしている風景をよく見るようになります。特に住宅街を散歩しているとき、静まり返った町に、「パチン、パチン」と鋏の音が聞こえてくると、「ああ、今年もこの季節になったのか」としみじみした気持ちになります。

もちろん年末に限らず一年中、植木屋さんは仕事しているのですが、普段はあまりそういう気になりません。年の瀬という特別な感覚が、そういう気にさせるのでしょう。

お屋敷の松に梯子をかけて、その上で若い職人さんが「パチパチ」やってる。白髪の五分刈りの、親方らしい年配の職人さんが、そのようすを下から黙って見つめている。なんて光景をみると、「もし自分が若かったら、あの親方に弟子入りして植木職人になる、という人生の選択もあるのになあ」と、憧れてしまいます。

もちろん修業は大変だろうし、体力も必要、天気に左右される仕事だし、苦労もたくさんあるでしょう。 けれど、静かな環境で、無駄口をきかずに、ひたすら鋏を動かす、という静かさがなんとも幸せそうに思えるのです。

私は今、スーパーで働いていますので、特にその「静かさ」がうらやましく、憧れてしまうのかもしれません。

私は植木や植物が好きですし、高いところはだいじょうぶですから、もし若ければ、本当になったかもしれません。 けれど残念ながら若いころは、「植木屋」はなりたい職業の選択肢に入っていませんでした。

30代も後半になって、人生の視野が広がってきたと思いますが、視野が広がるのに反比例して、実際の選択肢は少なくなってくる。ままならないものですね。

作家

未分類 | by admin
1月 13 2013 年

私は現在看護師として働いています。看護師の仕事は小さいころからの夢だったので、看護師になれてよかったと思っています。 でもやはり、そんな簡単な仕事ではなく日々悩んでばっかりです。 今の職場は、人間関係が大変で毎日相当なストレスが溜まります。

今の職場を辞めて新しい職場を探そうか悩んでいます。【看護師求人】 もしくはこれを機に看護師を辞めようかとも思います。

私には、看護師になってから憧れる職業がありました。 それは作家です。

本を読むのが大好きで、仕事に疲れた時に癒してくれる時間が、ゆっくりと小説を読む時でした。 自分でも文章を作るのが好きなんですが、やはり小説となると難しいですよね。

いろいろな作家さんの小説を読むたびに凄いと思う反面、さすがに自分では無理と思ってしまいます。 実際、頑張ろうと努力もしていないので、このように言う資格すらないと思いますが…

今はやはり、自分が出来る仕事を精一杯頑張ろうと思います。 そして、趣味の範囲から小説でも書いていこうと思います。いつか、本を出すのが夢ですね。

大人になってから憧れの職業はパイロット

未分類 | by admin
1月 12 2013 年

大人になってからパイロットを目指すというには少し現実離れしていますが、今でもおそらく子供たちに人気のあるパイロットにあこがれます。

私が子供の頃にパイロットにあこがれなかったのは飛行機という乗り物が身近になく興味を惹く存在ではなかったということが大きかったと思います。

子供の頃に飛行機乗ることもなく、空港が自宅の近隣にあったわけでもないのでテレビ映るものやや架空のアニメの乗り物という感覚だったので非日常的なものだと思っていました。

学校の見学などのバス旅行で空港に行くことがあって飛行機を間近でみたりしましたが、単純に大きな乗り物という程度でした。

大人になってから海外旅行に行くときに初めて飛行機に乗ったときにパイロットの存在を強く意識しました。機内のアナウンスもその時々で電車やバスの運転手よりもいっそう親近感があるように感じます。

実際に飛行機に乗ってみて飛行機という乗り物事態に不思議で高揚感があるものだと思うようになりました。飛行機は思っていた以上に振動や騒音などがありましたが空を飛ぶということがとても気持ちよく感じます。

空を毎日飛ぶ職業というパイロットは子供のときにその存在を身近に感じていればきっと目指していたのではないだろうかと思います。

宇宙飛行士に憧れています

未分類 | by admin
1月 11 2013 年

私の憧れの職業は、いろいろあるのですが、宇宙飛行士とか素敵だなーと、テレビを見ながら思います。

もともと、星を見るのが大好きで、宇宙のことや、生命の起源に興味のある私としては、その空間を体験できたり、毎日、近くで、惑星の研究が出来たりするなんて、とても羨ましく思います。

もちろん、宇宙飛行士になるためには、たくさんの条件や、厳しい訓練に耐えられないといけないと聞いているので、並大抵の努力では、宇宙飛行士にはなれないであろうと分かっておりますが、その限られた狭い難関を突破して、宇宙飛行士に成られていく姿が、またかっこいいし、憧れでもあります。

私自身は、健康の面で、まずはじめに、宇宙飛行士になることは無理だと思いますので、自分がなれないからこそ、ますます、憧れの気持ちが強いのかななんて、思ったりもしています。

なので、宇宙飛行士の感じを、ちょっとでも体験すべく、プラネタリウムに行ってみたりしています。満点の星空に自分が包まれているとき、プチ宇宙飛行士体験です(笑)これで、無重力状態を味わえたら、もっと、宇宙飛行士気分を楽しめそうなんですが。

いつか、どのくらい先の未来かわかりませんが、気軽に宇宙へ行ける時代が来るといいなーなんて考えています。そうしたら、宇宙飛行士の方たちのお仕事も傍で見れますから。

職人に憧れます

未分類 | by admin
1月 09 2013 年

家具職人に憧れますね。ナチュラル系の雑誌で見かけた家具がとても素敵で、調べたらある職人さんに行き着いて、そこからですね。その人はもちろん、他の家具職人、木工作家等、「手仕事でものを作る人」に注目するようになったんです。

特に木を使ってもの作りをしている人が好きで、興味がありますね。いす、ソファー、キャビネット等の大きなものから、木のお皿やスプーン、バターケース等の小さなものまで。大きな器械を使うこともあるみたいですが、基本的な道具は鑿や鉋。それと木材で、あんなに素敵な家具や食器が生まれることが何だか魔法みたいに思えるんですよね。

もっと早くに興味を抱けたらなって思いますね。今はもう30歳を過ぎているので、さすがに今の職業をなげうって目指すには遅いかなと思います。一応、と思って色んな工房を調べたら、28歳や30歳がラインなんです、弟子をとったりするのって。間もなく30も半ばに差し掛かる自分はちょっと……という感じなんです。ただ、材料はホームセンターで揃うので、趣味でもいいからやってみたいという思いは持っています。

あまりにも無趣味に過ごしてきた10代がもったいなかったな、って今は思いますね。好奇心に導かれるままに色んなものを見聞きしておけば、もっと豊かな人生が送れたのかなって思うんです。

私の憧れの職業

未分類 | by admin
1月 08 2013 年

私は現在、グラフィックデザイナーの仕事をしています。時間も不規則で、技術を要される仕事なのできつい仕事ではありますが、技術者としてやりがいを持って仕事をしています。

そんなデザイナーの私が憧れる職業は、WEBプログラム及びフラッシャーです。その技術を取得すれば職に困らないほど、デザイナーとプログラマー両方の仕事をできる人はハイレベルな技術を要求されます。

具体的にはphpやflashのアクションスクリプトの言語を理解することです。初心者からの独学では限界があり、言語を理解するまでに時間がかかる為、基礎と応用の本を読みあさり、実技でやっていけるようにしようとしても、なかなか理解まで進まないのが現状です。

もとよりプログラマーの方がデザイナーを勉強してなったケースが多いとされ、プログラムの職業をはじめから挫折した私には水と油みたいな職業です。

今はプログラマの方とタッグを組んで二人三脚で仕事をしています。その私ができる仕事はせいぜいCSSとコーディングくらいです。

多分この先もデザインとコーディング以上の事はできずにプログラマの人が居ないとWEBプログラムやアプリの開発は難しいですが、今後勉強を重ねてそこを目指せたら良いなと考えています。

みんなの憧れ

未分類 | by admin
1月 07 2013 年

ずっとなりたかった職業はキャビンアテンダントですね。 以前は”スチュワーデス”と呼んでいました。

キャビンアテンダントの魅力は、やはり飛行機に乗ってたくさんの国へ行けることですよね。 仕事で一年中、海外を飛び回る生活にあこがれていました。 あのカッコイイ制服を着て、キャリーバッグをカタカタ引きながら空港内を歩いてみたいと思っていました。

時代が変わり、格安航空会社が出てきて、キャビンアテンダントの仕事もずいぶん変わってきたようです。

最低限必要なサービスしかできませんと公言する航空会社もあるようで、ちょっと悲しい気持ちになります。 私が考えるキャビンアテンダントは、航空会社の顔です。 みんなに喜ばれるサービスを笑顔でしてもらいたいものですね。

あとはやはり、ナースですね。女の子は今までで一度はなりたいと思ったことがあるはずです。やはり、ナース服に憧れを持ちますよね。

私の友達でナースの子がいるんですが、実際の仕事はかなり厳しいらしく、ナースは憧れで止めておくのがイイみたいです(笑)

求人はたくさん出ているんですけどね・・・看護師求人

逆にそれだけ出入りが激しく大変ってことなんでしょうね。

やっぱり、みんなが憧れる仕事はそれなりにキツイ仕事なんですね。なかなか皆がなれないから、逆に憧れるんですね。

憧れを現実に

未分類 | by admin
1月 06 2013 年

私は幼い頃から安定職である公務員になりたいと思っていました。

そのなかでも私は昔から体を動かすことが好きでまた、誰かの役にたちたいという願望がとても強いので海上保安官に憧れを抱いております。

映画の海猿が公開してから海上保安官という職業が世の中に知れ渡り、友だちなどは海猿を観てから目指したんでしょみたいなことを言うけれど、私は小学校の頃から憧れていたのでそう言われると少しモヤモヤします(笑)

昔から海保の公開イベントなどに足を運び、巡視船や航空機、ヘリコプターなどに乗せてもらったあの感情はかけがえのないものとなり私の背中を押してくれるとても大切な思い出です。

学校の男子でもあまり目指していない職業であり、私は理系の専門学校に通っており海保を目指すに必要な高校の基礎知識をあまり習っていないので学校の男子から夢を諦めたほうがいいと言われたこともあります。

そのような経験もあり、男子よりも強くたくましく生きて男からかっこいいといわれる女になりたいと思いました。

男性ばかりの世界で女性がやっていくには少しきついことも 感じることもあるかもしれませんが、

憧れを憧れのままおわらすのではなく夢実現のために頑張りたいです。