妊娠検査と避妊方法について

女子の避妊・流産後の対応について

近年は性行為の低年齢化に伴って多くの女子が避妊に関しての知識を身につけることが重要視されているのですが、それでも望まない妊娠をしてしまうことがあり、結果として流産・堕胎などを経験してしまう女子が増えてきています。そして若い女性になればなるほど流産後にすぐに妊娠したいと考える人が多くなっている傾向があるとされており、より避妊の重要性が説かれる機会が増えてきています。
これはどういうことなのかというと、流産をした後は母体には非常に負担がかかっている状態となっており、妊娠したくてもすぐに妊娠することはできないですし妊娠したとしても通常の妊娠異常に母体に負担がかかってしまいます。そのため安全に確実な妊娠をしたいという場合は、ある程度の避妊期間を設定することによって母体が回復することを促すことができますし、負担をかけずに子どもを授かることができるようになっています。
ではどの程度避妊期間を設ければいいのかというところですがこれは担当する医師と相談しながら検討することが重要ですし、母体の状態などを確認しながら調整していくことが大切になってきます。現在では流産の手術をした後の避妊期間は徐々に短縮されてきているとされていますが、だからといって全ての夫婦が短縮していいというわけではないというところは注意が必要です。なのであくまでもその人たちのペースで計画を立てていくことが重要であり、男性よりも女性側の負担を考えて療養期間をしっかり設けておくことが大切です。
それでも不安だという場合は医師以外にも妊婦などが集まるコミュニティを利用して相談してみることもお勧めであり、色々な意見を集めることも考えるうえで大切なポイントとなります。