妊娠検査と避妊方法について

避妊薬とビタミン剤を併用するリスクを知ろう

避妊の方法には様々な方法があり、基礎体温をつけて安全日を確認するという方法もあれば、コンドームも手軽で効果の高い方法です。
とはいえ、やはり避妊をきちんと行っているつもりでも妊娠してしまうことがあります。
すぐに子供を持てないという場合もありますし、堕胎も女性の体には負担が大きいので、できることなら避けたいところです。
今は絶対に妊娠したくないという場合はより確実性の高い方法も取り入れてみましょう。

女性の側が行える、効果の高い方法では低用量ピルの利用があげられます。
服用することで女性ホルモンをコントロールし、妊娠を避けるのに役立ちますが、このほかにも生理不順の改善や更年期の症状の改善などにも役立てられています。
飲み忘れなどがあった場合は効果が落ちてしまいますので、飲む時間は決めておき、飲み忘れを避けるようにしたいところです。

そして、良い効果を得るためにも、リスクを避けるためにも他の薬との飲み合わせ、サプリメントとの飲み合わせも確認しておきたいところです。

女性は美容のためにビタミンCのサプリメントを飲んでいる人が多いですが、ビタミンCを大量に摂取すると、低用量ピルを利用していても高用量ピルを飲んでいるときのような作用が出やすいとされています。ピルは医薬品なので、効果だけではなく、副作用もありますが、ビタミンCの摂取で、その副作用を強く出してしまうこともありますので、低用量ピルを飲んでいるときはこうしたサプリメントも避けておくほうが無難です。

このほかにもピルとあまり相性の良くないサプリメントはありますので、何らかのサプリメントや健康食品を飲んでいる人は事前に確認したり、医師に相談しておくとより安心して使えるようになります。