• ピルの市販販売や処方での避妊は甲状腺に影響は

    2016年6月24日

    避妊対策で使用されている低用量ピルとは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2つのホルモンが配合されている内服薬を指します。低用量ピルを服用することによって、2つのホルモン作用により、強制的に妊娠時と同じ状態にして、妊娠を防ぐ効果が得られます。 低用量ピルの種類としては、21錠と28錠タイプの物、黄体ホルモ...

    記事の続きを読む