妊娠検査と避妊方法について

40代女性の腹部膨満感・吐き気などのない避妊法

40代に入った女性の中には、妊娠しにくくなったからもう避妊はしなくても大丈夫と考える人が少なくないようです。また、40代の予定外妊娠が予想以上に多いという報告もあります。しかし、たとえホルモンバランスが崩れてきているとはいっても、排卵をしている以上は妊娠する可能性は誰にでもあるのです。望まない妊娠を避けるためにもきちんと避妊をすることはとても大切なことです。避妊方法には様々なものがありますが、簡単で通院の必要がないため多くの女性が取り入れているリズム法は失敗率の最も高い方法でもあります。また、広く一般に普及しているコンドームも完全なものではありません。40代はカラダの不調も出やすい時期です。完全な避妊を望むのであれば、一度婦人科医に相談することをお勧めします。医師によって処方されるものには低用量経口避妊薬・一般的にピルと呼ばれている薬によるもの、子宮内に装着して妊娠を避ける装具、子宮内でホルモンを出す器具などがあります。この中でもピルを活用している女性は非常に多いと言われています。しかし、年齢に伴いいろいろな病気のリスクが高まることから、ピルの服用を控える必要が出てくる場合があります。また、腹部膨満感や吐き気などといった症状に悩まされる人も少なくありません。このように確実に避妊はしたいけれどピルは服用できないという場合には、子宮内に装着するIUDやIUSを婦人科で装着してもらうという選択肢があります。どちらも女性主体で避妊ができることのほか、避妊に失敗する率が比較的低いというというメリットがあります。また、一度の挿入で最長で5年間効果が持続するという点も特徴です。婦人科医による着脱が必要ではありますが、普段は受診しにくい婦人科を訪れる機会になるとも考えられます。